奥会津へ来らんしゃい

奥会津を走る只見線をメインにローカルな鉄道風景をアップしていきます。 鉄関係旧書庫と地酒・温泉他諸々はhttp://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252 をご覧ください。

ノスビューのなれ果て(2)

転属当初はSL編成に組まれて結構活躍した展望車ですが、その後は高崎で寝ていることが多かったみたいです。
そんな時に当時頻繁にあった八高線のDD51ハンドル訓練。本来は旧客ですがこの時はこのノスビュー編成でした。
この編成でお客乗せないとはもったいない。今こんな列車設定していたらかなり人気あると思います。
この組合せは数回しか撮ったことなく非常に貴重な組合せだったと思います。

nosukunn0022.jpg
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/31(木) 20:28:23|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノスビューのなれ果て

ノスタルジックビュートレインが廃止された後、指定用の展望車ははるばる高崎まで引越しをして第2の人生(車生)を過ごしました。
高崎ではSL列車の編成に組み込むなど目玉として最初は使われましたが、徐々に影が薄くなりました。
今回は懐かしのSL碓氷号。当時は補機無しの6連と言う長編成でした。
ザンゲ岩から望んだこのカットも懐かしいです。最近ザンゲ岩登ってないしなぁ~
この時のD51は赤ナンバーとランボードの白が目立っていました。
今年の夏も赤ナンバーやるみたいですね。

usui990815-001a.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/30(水) 20:19:17|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海岸線を行く

五能線らしい荒々しい岩場のある海岸をゆっくり進むノスタルジックビュートレイン。
今のリゾートしらかみと異なり、普通客車もあって指定無しで乗れました。(車内は至って普通でしたが・・・)
ここもまた光線的には列車が逆光。なかなか撮り難いです。明るい海や空との輝度差には苦労しました。
五能線はこのカット撮影以後、再訪問できていません。そろそろ行ってみたいですね。

gono024.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/29(火) 20:11:31|
  2. その他非電化路線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blue Sea

青い空と青い海、まさに五能線を印象付ける感じの場所でした。
決して通い慣れしてる訳でないので撮影ポイントはあちこち探しながら見つけた感じでした。
この辺りは海バックとすると光線は逆光。なかなか難しかったです。
海の彼方に男鹿半島の山を望みながら穏やかな日本海を写し込む。
ノスタルジックビュートレイン健在な時代の懐かしのカットです。
今ではリゾートしらかみが行き交ってますが、この光景は変わらないでしょう。

gono023.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/28(月) 20:53:57|
  2. その他非電化路線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sea Side 五能線

最近のガソリン急騰でこっちの方まで遠征は叶わない状況です。
昔はガソリンもそんな高くなかったのでこっちまで車で行ったものでした。
五能線はさすがに遠い。新潟まで高速使いましたが、その後は日本海沿いにひたすら下道走りで行ったものです。当時の愛車はスバルBC-5。ノンターボだったので高回転まで回して独自のボクサーサウンド楽しみながらのドライビングでした。
この頃の五能線のキハのカラーリングは今では懐かしい感じします。色が変わり、冷房搭載などこちらのキハ48は健在です。
他方の只見線では何も手を加えられずに引退しているくらいですので。
青い空に青い海。気温は暑かったですが、気持ち良かった思いがあります。

gono022.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/27(日) 20:53:21|
  2. その他非電化路線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏蒸気

真夏の秩父路、まさに暑さとの戦いです。
昨年なんぞ、日本最高気温記録の地ですから尋常な暑さではありません。
撮影地は地面からの照り返しもあって筆舌に耐えられない強烈さです。
SLにしても乗務員が参ってしまうくらい暑いですから煙の方も・・・
発車したてで煙期待できるここも、奥の方は煙まぁまぁあったものの、ここまでは持ちませんでした。
秩父にお出かけの際はくれぐれも暑さ対策しっかりしてお越しください。

natuhagu002.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/26(土) 20:18:20|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川霧煙る

川霧に包まれた三島峪。ここの光景はいつ行っても味わい深い場所です。
ここまで引いて川岸から撮ると、川霧の量によっては列車が隠れる場合もあります。
理想は列車ギリギリまでの川霧。
蒸し暑い陽気でも川霧は非常に涼しい。天然のクーラーと言ったものでしょう。
強い日差し浴びれば消えてしまうので普通は朝方がベスト。早起きして狙うのが良いでしょう。
昼間は暑いし温泉でまったりと・・・

kawagiri00221.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/25(金) 20:11:13|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七日町到着

424Dが周辺各駅から休日通学の学生さん達を乗せて七日町に到着する所です。
この駅も駅カフェが出来てからはおしゃれな感じになりました。
以前は味気の無い停留所そのものでしたので大きな変わり様です。
ホームに列車が着いてドアが開けば、学生さん達がぞろぞろと降りてきて一瞬の賑やかさに包まれますが、数分もすれば元の静寂感が漂います。
抜けるような青空、今日も暑い一日になりそうだ。

nanokamacinn.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/24(木) 20:03:57|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川霧の絨毯

今月始めの只見線SLは残念ながら行けませんでした。
行った方々によれば暑い晴天で『川霧なんてちっとも出やせん!』とのこと。
梅雨時のイメージとして川霧煙る只見川のイメージあるだけにちょっと意外でした。
過去のカットですが、川霧煙る只見川。もうちょっと川霧のボリューム感が欲しかったですが、まぁ、これでもまずまずか・・・
SLの煙はここは期待できないのでこんな感じで一応納得です。

kawagiri0202.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/23(水) 20:57:04|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

25‰の力走

平坦な会津盆地に別れを告げて急峻な奥会津路へと歩を進めるSL
比較的煙の恵まれるこの一帯ですが、ジャストタイミングで撮れるかは運次第。
ここで何度となく撮っていますが、投炭タイミングがなかなか合わずに思うとおり煙が出なくなることも多々。出鼻をくじかれたものでした。
この日はまさにジャストタイミング。マークが無ければ最高なんですがねぇ~

sugibaku00223.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/22(火) 20:46:49|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特急レッドアロー

西武E851引退と同時期に初代特急車レッドアローも引退していきました。
引退にはちょっと早すぎる感じもしましたが、一部は富山地方鉄道のアルペン特急で健在です。
もっとも足回りはJR485系ですが・・・
中間に運転台あって分割可能なら秩父鉄道直通できそうって思ってみたりしますが、新型の新レッドアローも直通しない辺り、需要が少ないのですかね・・・


se0000007.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/21(月) 20:49:25|
  2. その他非電化路線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西武E851(6)

西武の貨物を撮影しようと考え出した頃、すでに輸送量が少なくなって危機的状況でした。
撮影しようにも土曜休日は全便運休、平日も輸送量次第で運休もありました。
そんな中で撮影したので実際の撮影機会は非常に少ないのが心残りです。
今ではJRでもセメント列車は壊滅的な状態。懐かしいカットになりましたね。


se0000006.jpg
  1. 2008/07/20(日) 16:44:21|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西武E851(5)

貨物輸送末期は輸送量も少なくなって大型F型機の力を持て余す状況でした。
本来は重貨物に備え、EF60並にギア比が高く牽引力重視の設定かつ重連総括可能になっていました。ちょうど車両的にはEF65ベースでEF60とEF81のエッセンスを加えたオリジナルといった感じでしょう。
そんな機関車ですからこれぐらいの編成では軽々走るって感じがしました。

se0000005.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/19(土) 20:31:03|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西武E851(4)

今度はE851が貨物で現役だったカットです。
セメントサイロでセメントを卸すシーンです。今ではこのセメントサイロも無く当時の面影はまったくありません。
昔線路のあった広い引込み線跡が唯一の痕跡ですね。
貨物が多かった頃はこの様な区間貨物は輸入中型機が主力であったでしょうが、貨物削減で末期はE851のみになったので、この様な作業に大型機が入る光景も見ること出来ました。

se0000004.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/18(金) 20:09:12|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西武E851(3)

山間の秩父線を快走するE851重連。深い緑の中でも目立つカラーリングですね。
丸窓のデザインや赤とクリームのカラーリングはどこか欧州的雰囲気がしました。
西武線に12系客車入るのも初めてですが、なかなか似合っている感じがしました。
急峻な山岳地帯だけに撮影地は数少ない西部秩父線。台風などで運休にするのも頷けます。
所謂シチサンに編成取れる場所って殆ど無かったような・・・
ここは国道脇で比較的車止めるスペース広かったので結構人が集まった場所でした。


se0000003.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/17(木) 20:01:26|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西武E851(2)

西武E851のサヨナラを兼ねた初の客車牽引、JRより12系客車を借り受けて運行しました。
滞泊地の所沢の運転所は借りた車両に何かあってはならないと厳重に警備していたようです。
運転日や区間によってマークの有無や重連・PPなど色々な組合せで楽しませてくれました。
この時は飯能までがPP、飯能で機回しして重連だったと思います。
このままイベント列車でJR線内走っても違和感感じないですね。EF65にこんな色塗ってみても面白いかも・・・

se0000002.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/16(水) 20:53:03|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西武E851

西武が貨物輸送をやっていた頃は、国鉄EF65ベースの私鉄唯一のF型大型機のE851型がいました。
国鉄機に似たスタイルながらも、丸窓を配置したり赤とクリームのカラーリングで好感が持てる機関車でした。
登場以来貨物専用でしたが、さよなら兼ねて初めて旅客営業したのも懐かしい思い出です。
今でも横瀬の機関庫に1両が保管されていて一般公開時にその姿を見ることができます。

se0000001.jpg

さすがF型。迫力が違います。
  1. 2008/07/15(火) 20:42:54|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デキ101

この当時はSLの後ろに後押し用にデキ101を使用していました。
このデキ101は他の機関車よりも出力が小さく、当時既に貨物運用から外れてもっぱらSLの補機運用専用になっていました。
この後すぐに茶色一色になりましたが、SL補機廃止後は廃車になって広瀬の工場で荒れるに任せる状況でしたが、工場公開時の展示用に再度塗りなおされて保管されています。
現在は広瀬~熊谷回送用にパレオ客車色のデキ201がいますが、たまには単独牽引の姿も見てみたいものです。

ctk000223.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/14(月) 20:34:42|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安谷川橋梁

懐かしいカット引っ張り出しました。客車は旧客でC58のロッドが赤くペイントされていた時代です。
ロッドの赤は結構目立ちますし、いいアクセントだったので再び見てみたい感じもします。
ここ安谷川鉄橋の風景は今も変わらず山深い雰囲気ですが、撮影するこの道路橋が近い内に新しい橋へと変わります。そうするとこのポイントに変化が出そうです。
今は歩道の幅も狭くて三脚使用は止める様言われている場所なのに、堂々と三脚立てて歩行者の邪魔になる方多いんですなぁ・・・orz
そんなもので最近はすっかりスルーするポイントになっています。


ctk000222.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/13(日) 20:26:50|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧塗装時代の1000系

旧塗装で非冷房・ツーマン時代の1000系です。
カナリア色101系に茶帯巻いただけってイメージで、オリジナルの姿そのものです。
その後、この車両を明るい現在の標準色に塗り替えてワンマン・冷房化するなど今の姿が思い浮かばない感じです。
ましてやこの時に事もあろうに国鉄色リバイバルだなんて考えも付かなかったと思います。
個人的には旧100系等が塗られていた茶とクリームの旧色も見てみたい感じがします。

ctk000221.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/12(土) 20:11:14|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらばEF5861

先月20日、長らくに渡って活躍したお召し列車牽引機EF5861が引退しました。
大井の御料車1号編成の休む車庫へと自力で回送されたそうです。お疲れサマ・・・
昭和28年に日立製作所にて発注時からお召用の特別仕様で生を受け、長らく東京機関区(機関区統廃合後も場所は同じく)をベースに歴代最多数のお召し列車を牽引し、国鉄末期からはイベント用とて多くの臨時列車も牽引しました。
イベント用客車の引退、御料車の新型電車化、そして自身の台枠亀裂・・・そして引退。
一つの時代が終わった感じします。
これで現役のEF58は西日本の150号機のみになりました。

ef58610022.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/11(金) 20:50:36|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電化工事進捗中

当時電化工事の進んでいた、八高南線。前の週は何も無かった場所でしたが、あっという間に架線柱が建植されていました。
行ってがっくりした覚えありますが、今となれば懐かしい光景。
その後103系や209系などが行き交う状態になり、今では103系も過去帳入り。
東京直通列車には最新鋭のE233が入る時代。ステンレス電車が闊歩する区間になった今ではまず再訪は無いでしょう。

hachi0006.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/10(木) 20:02:53|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消滅した撮影地

ここも過去帳入りした撮影地です。
越生駅を降りて徒歩でも行きやすい便利なポイントでしたが、この田んぼも今では新興住宅街になってしまい、当時のイメージはまったくありません。
このDD51866も今では廃車になっていますし、後ろの東サロも後に御座敷化されて先日引退しました。八高線でDD51客車列車見ることもまず無いでしょう。
久々に過去のポジ見て懐かしさ感じました。

hachi0005.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/09(水) 20:56:10|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

森を抜けて

普段撮りたいと思う列車の無い八高線ですが、この場所は今でも再訪問したい場所です。
望遠系レンズ必須のポイントで、これからはススキなどの草が繁茂する場所ですが、通りから外れて静かな環境が気に入っています。おまけに撮影者が少ないことも・・・
関東鉄道でもこのキハ30がタラコ色になったことですし、一度撮影してみたいと思います。普段から見慣れた車両ですし・・・

hachi0007.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/08(火) 20:33:39|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮影地の変化

この場所はこのカット撮影後暫くしてから邪魔な通信ケーブルとコンクリート柱ができて、撮影不能になりました。
わざわざ視界をさえぎるが如く位置にケーブル張って、ど真ん中にコンクリート柱建てたので・・・
と言うものの撮影被写体が殆ど無い現在の八高線ですから、まぁしょうがない・・・で片付けられてしまいますね。

hachi0004.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/07(月) 20:27:43|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タラコ色王国

SL運行で狂乱なった時期、八高線はタラコ色のキハ30・35等の天下でした。
蒸し暑い時期だけに混んだ車内は窓全開にして外気取り入れる必要ありました。冷房の無い車両ならではです。
この時既に沿線はカメラマンがSL撮影の為にスタンバイ中。
車内から大勢の撮影者見た人々の驚きの声が聞こえました。


hachi0002.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/06(日) 12:21:48|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間に合ってもう1枚

所詮追っかけは無理であろうと覚悟はしていたが、先日のポイントで撮影後に脱出ステークスの先陣取れたのが幸いでした。
八高線沿線は渋滞が想定できたので、一度嵐山方向に逃げてからここに着きました。
SLは途中で立ち入り者による停車があったのでしょうか、遅れていましたので時間的に余裕もって撮れました。
一応煙もありますし、おまけで撮れただけでも良しといった所でした。

hachi0003.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/05(土) 20:48:22|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしの八高線D51

この写真の時の運行以来、八高線でのSL営業運転は行われていません。
夜な夜な秩父のC58を回送したり、この前も山梨での運転のために回送がありました。
但し、自力運転でない機関車牽引列車。たまにはSL運行してもらいたいですが、大フィーバーで撮影各地大荒れだったとか、線路立ち入り多数みたいで懲りたのでしょう。
前日ロケハンしてあまりの場所取りの多さに辟易しつつ、サイド側ですが何とか場所確保した次第。
バックに写りこんだ茅葺きの民家はもうありません。
マークも無く煙もなかなかで充分満足行くカットでした。

hachi0001.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/04(金) 20:39:24|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

振り向いてもう一度

第1鉄橋で撮ってからカメラを向き変えて第2鉄橋へ。
ドン曇りでガスった天候なので、抜けの悪い画像なのが残念。
第1鉄橋よりも距離が遠い分、抜けの悪さはいかんともし難い所です。
鉄橋を越えて暫くフラットな田園地帯を行けば間も無く終着の宮下。仕事終えてほっとした感じでしょうか。

2tetuhoki002.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/03(木) 20:32:45|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1鉄橋を行く

当時、盆地内区間バラスト散布のホキ工臨があったときは、会津宮下まで運行されていて宮下にて機回ししてました。
鉄橋を含めた渓谷カットとなると宮下まで運行ではここしかない!と思い、今でこそ大勢の人の訪れる有名ポイントへ。
当然他に撮影者はいませんでした。
再びこんな光景望みたいものです。

1tetuhoki002.jpg

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/02(水) 20:27:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kashaneko252

Author:kashaneko252
只見線、非電化、SL好きのページです。
ついでにお酒、食べ歩き、温泉も同じく大好きです!鉄分以外は
http://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252/
で掲載中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する