奥会津へ来らんしゃい

奥会津を走る只見線をメインにローカルな鉄道風景をアップしていきます。 鉄関係旧書庫と地酒・温泉他諸々はhttp://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252 をご覧ください。

川霧の橋を行く





梅雨時のこの時期に以前は軌道検測の車両が只見線を走っていた。
年に3回程しか走らない貴重な列車。
DL牽引の客車列車もまた貴重な存在。
チャンスがあれば行って撮影していた。
この日は梅雨時らしい雨が降ったりするどんよりした天気。
その為、只見川には川霧が深く湧いていた。
川霧の上を行く様な幻想的な光景、忘れることができません。
この区間は今不通区間であるが、再び列車の走る姿を見たいものです。

20140503-1120aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/30(月) 20:00:43|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安全を見守るまなざし





阪急電車のホームで次々やってくる電車を眺めて気ままに撮影していた。
そんな中で発車シーンに注目してみた。
乗務員扉の窓から、身を乗り出し乗客の流動を確認する。
片手にマイクを持ち、タイミングを見計らったら『ドア閉まります』と放送してドアを閉める。
この一連の流れが次々とみられた。
車掌の視線は編成全体をしっかりと見ているのだろう。
安全を守る眼差しが頼もしく感じられた。

20140503-1116aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/29(日) 20:00:06|
  2. 関西電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

十三駅名物





阪急電車の十三駅。3路線の電車がひっきりなしにやってくるターミナル。
そんな駅で気になる存在、それは阪急そば。
単なる立ち食いそばと言ってしまえば、それまでだが…
人気の高い阪急そば。以前阪急そばがインスタントになって発売されたこともあった。
電車乗換のちょっとした時間にさっとそばをかけ込む。
濃紺ののれんがマルーンの車体に浮き立った。

20140503-1115aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/28(土) 20:00:11|
  2. 関西電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年前は…





一年前は埼京線・川越線の205系が置き換え始まる頃。
ちょうど無くなると思って205系撮影に慌て出した頃だった。
夕陽に輝く姿をしっかり撮ろうと足繁く通った。
それから一年たった今、205系置き換え用のE233系はすべてそろった。
そうしたものの、運用の都合上1本だけが生き残った。
運用次第でチャンスは非常に少ないが、ここで205系を撮ることが今もできる。
チャンスがあれば、しっかりと撮っておきたい。


20140503-1114aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/27(金) 20:00:46|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨時の青空





梅雨時の青空は新鮮な感じがする。
梅雨のイメージは毎日の様に雨がしとしと降る雰囲気。
しかしながら最近は一気に降って、しばらく晴れるの繰り返し。
異常気象が普通になりつつある今日この頃。
抜ける青空が印象的な日であった。

20140503-1113aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/26(木) 20:00:44|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲き乱れる立葵





立葵の花が咲き乱れる。
各地で見る花だが、会津との結びつきもまた強い。
それは会津若松の市の花であること。
立葵の花は秋山庄太郎先生も美しい作品を残した。
29日まで縁があって写真展を開かせていただいた秋山庄太郎写真芸術館、ここの入場記念品として、立葵のポストカードがいただける。
秋山先生のカットを見て、只見線で撮った立葵を思い出すのだった。

20140503-1112aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/25(水) 20:00:28|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫陽花咲く寄居





紫陽花が咲く線路際。
ボリュームは少ないがアジサイが毎年咲く場所だ。
本当は寄居発車で煙の期待も多少はできる場所だったけど…
この時も煙は無く静かにやって来た。
あいにくの曇り空、せっかくならば雨が降ってほしかった。
雨降れば白煙は出るだろうし、アジサイも活き活きとするだろう。

20140503-1110aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/24(火) 20:00:58|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終列車発車





会津川口駅から出る列車は最終列車が19時過ぎ。
夏至の頃でも日が沈んだ後だが、わずかに明るさの残る時間帯。
会津若松に向かう最後の列車がエンジン音高らかに発車する。
ヘッドライトをハイビームにして、その明かりが只見川に輝きを与える。
列車が去るとやがて付近は漆黒の闇に覆われる。

20140503-106aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/23(月) 20:00:11|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あべのハルカスをバックに





あべのハルカスをバックに走る阪堺電車。
これが今の阪堺電車の光景、そして阿倍野の風景だ。
この地区はQ’sモールとあべのハルカスによる再開発が進んでいます。
今はまだ周辺整備が残っている状況。まだまだ町は変化するだろう。

本日から高田馬場の三日月ギャラリーで『鉄展』がはじまりました。
ここでは阪堺電車をテーマに展示しています。
他方で大阪ではMAG(南森町アートギャラリー)でブログの輪写真展2014も本日から始まりました。
どちらも29日(日)まで開催です。
併せて最終週になった秋山庄太郎写真芸術館の只見線写真展。
皆様のお越しをお待ちしています。

20140503-1111aaa.jpg

DSC01383-1.jpg

2014ブログの輪

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/22(日) 08:19:26|
  2. 阪堺電車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍客がやって来た





只見線に通い始めて早や19年。
その間に大きな変化が進んでいた。
今は見なくなった砕石ホキの工事臨時列車。
今はトラックと夜間の保線車両に置き換えられたのだろうか。
すっかり見なくなって久しい。
実体験で只見線の貨物列車を体験してない自分にとって、貨物列車を彷彿させる列車。
撮影にも力が入った。
当時はこんな列車は全く撮影者に見向きがされず、誰も撮る人がいなかった。

20140503-105aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/21(土) 20:00:27|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早苗がたなびく田んぼにて





田んぼに稲が植えられた直後の田んぼ、水鏡が美くしい。
そんな中、朝の3連がやって来た。
田んぼに姿を映して駆け抜ける。
これから塔寺への急勾配をエンジン音高らかに響かせる。
只見線では長い3連もここまで来ると通学ラッシュをこなした後。
空いた車内はのんびりとした空気が広がるであろう。

20140503-104aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/20(金) 20:00:36|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広がる静かな水面を行く





この辺りの田んぼは以前であれば、この様に静かな水面が広がる場所だった。
近年、ここの田んぼは稲を植える方法から、直接米を撒く方法に作付方法が変わった。
その為こんな光景にはならない。
直播は水量が少なく水鏡にならないのだ。
静かな水面を行くSLの姿も過去のものになった。

20140503-103aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
  1. 2014/06/19(木) 20:00:12|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アジサイ越しに望む





ここのアジサイは昔から良く撮る場所。
アジサイ越しに見るアーチ橋がポイントになる場所。
アジサイと線路が離れた場所ながら、いつも通りがかりに気になる場所。
そしてこの日もここにて構えた。
深い緑に囲まれながら、キハとアジサイが浮かび上がって見えた。

20140503-102aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/18(水) 20:00:59|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガクアジサイの咲く駅にて





夜明けの会津川口。
一番列車と二番列車が静かに停泊していた。
駅の外れにはガクアジサイが咲いている。
人知れず咲くガクアジサイだが、気になる存在。
静寂の駅構内にやがて、キハのエンジンを始動する音が響いた。
一番列車のエンジンが始動されたのだ。
カラカラとアイドリング音が駅構内に響き渡り、出発の準備が進んでいった。

20140503-101aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/17(火) 20:00:45|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の降る中集う





梅雨時の光景、雨の降る水上で。
雨の中SLがやって来た。
折り返しの水上駅にあるターンテーブルにギャラリーが集う。
雨の中カメラの砲列に囲まれて、ゆっくりとSLが回転する。
天気が雨でもSL人気は衰えない。

20140503-100aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/16(月) 20:00:32|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての岡山にて





岡山駅での乗り換えを気持ち早いタイミングにしてみた。
新幹線と四国への特急接続を1時間ほど開けた。
この時間で路面電車を見たいと…
岡山の路面電車を見たのは今回が初めて。
1時間の時間では乗って見るのを諦めざるを得ないが、それでもちょっとは撮影できた。
じっくり取り組めば素晴らしい場所も多くあるだろう。
車両についても予備知識の無い中、来たのを撮ってみた。
既に元東武日光市内線の車両が引退したのは残念だが、まだまだ魅力豊富だろう。

20140503-091aaa.jpg

20140503-092aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/15(日) 20:00:55|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の麦秋





梅雨時は撮影するにはあまり乗り気になれない天候。
しかしながら視点を変えればこの季節らしいカットの撮れる条件かも。
ただ、雨の降る中傘や雨具を使って撮影するのもちょっと億劫。
この時も傘を差しての撮影だった。
ちょっと気が乗らないかったが、水滴を付けた麦の穂が印象的だった。

20140503-090aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/14(土) 20:00:03|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧の織り成す光景





只見川に沸く川霧と山に残った霧。
幻想的な雰囲気に心を奪われる。
只見線にはこんな素晴らしい光景が随所にある。
それをいかに表現するか?
すべてを表現できないもどかしさを感じつつ、回数重ねて約20年。
いつも行く度に新鮮な感じを忘れることが無い。
そして思いは再び奥会津へ・・・

20140503-098aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/13(金) 20:00:10|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川霧の姿





梅雨時になり、只見川に川霧が湧き出す頃になった。
幻想的な川霧は刻一刻と変化をする。
思う様な川霧が出なかったり、逆に川霧で何も見ることできなかったり…
変化激しい只見川、惹きつけて離さない魅力。
残念なのはここで列車が見ることできないこと。
再びこの姿を見ることできるよう、微々たる力でも支援していきたい。

20140503-097aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/12(木) 20:00:26|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誇りの証、JNR





JNRのマーク。子供心に当時の特急列車に付いていたこのマークの印象が強い。
凛々しいデザインが印象的だった。
今やこのマークを見ることも殆ど無い。
そんな姿が再び見ることができたことが、感動的だった。
再びこのデフで力走する姿を見たい。

20140503-096aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/11(水) 20:00:06|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立葵天を突く





梅雨の時期になる頃、立葵が一気に伸びて花を付ける。
伸びた茎の先端の花が付く頃、梅雨は明ける。
昨年のC58363にはJNRマークのデフが付いていた。
この姿再び見たいと言う思い、そして国鉄の栄光を脳裏に浮かべつつ・・・

20140503-095aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/10(火) 20:00:40|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残り煙を楽しむ





SLが通り過ぎる頃、次の撮影地に行こうと次に向かう気持ちがある。
そうすると通過後の姿を見ることなく終わっていることも多い。
先を急ぐ気持ちがあるのは止むを得ない。
しかしここで、ちょっと余裕を持てば…
SLの残した煙が印象的な風景があった。
SLの余韻をゆったりと味わうのもいいだろう。

20140503-093aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/09(月) 20:00:19|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉱山の主、D502





三輪鉱山の主が、D502なる機関車。
新潟鉄工で製造され、根岸の日本石油専用線で活躍していた経歴を持っている。
石灰石の粉にまみれつつ、老体に鞭を振って空の貨車をホッパーに押し込む。
貨車を引っ張る時は白煙上げていかにも全力で牽引する姿。
こんな姿も今のうちに目に焼き付けておきたい。
いつ何時、機関車が引退or路線廃止も浮上するかも。

20140503-076aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/08(日) 20:00:01|
  2. DMLの響き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三輪鉱山へ向かう





秩父鉄道の貨物支線、三輪鉱山。
武甲山の石灰石を積み込むための路線であるが、最近は採掘量が大幅に減って貨物の運行本数も少なくなっている。
平日午前中のみの運行が殆ど、最近は見る機会も減ってしまった。
ここは影森駅から続く急勾配が終わるポイント。
空荷の貨車だが、それでも登るのはかなり厳しい感じだ。
盛んに砂を撒いて滑走を防ぐ。
その砂が煙の様に巻き上がっていた。
登り切ってしまえば鉱山に到着。
力を出し尽くしたデキも小休止する。

20140503-075aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/07(土) 20:00:57|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼに姿を見せて





185系電車は、自分にとっては空気の様なものだった。
当たり前にいて特に意識をしない電車。カメラを向ける機会も少なかった。
そんな電車であるが、今では懐かしいMT-54モーターの響きを楽しめる車両だ。
今回のダイヤ改正でかなり運用が減り、一部は早くも廃車回送になった。
武蔵野線で偶然出会ったが、この時もあまり意識しないカットの一枚であった。

20140503-074aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/06(金) 20:00:21|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植え近し





田植えの準備に農家の方が早苗の周りの防鳥ネットを外していた。
農家の方と会話を交わす。
『ここは良くカメラマン見るけど、有名な場所なんだね。』
『ネット張らないと撮りに苗を食べられちゃう。最近スズメは見ないが、ムクドリが来る』とか。
やがて列車の時間になり、農家の方は網を片付ける。
奥の田んぼは風が止んで水鏡が現れていた。
明日辺りは田植えだろうか?

20140503-073aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/05(木) 20:00:53|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地酒の王様





線路際にある日本酒の看板、『地酒の王様 帝松』。
ここ小川町は地酒も地元の名産品の一つ。
手すき和紙と共に槻川の清流や伏流水がきれいな水を利用している。
いかにも小川町らしいカットになったのでは。
因みにこの帝松を醸す松岡醸造は、今年も全国新酒鑑評会で金賞受賞するなど非常においしいお酒を造っている。
車なら蔵元行くのもいいのだろう。

20140503-072aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/04(水) 20:00:03|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花園より望む





線路からは離れていたが、ちょっとした花畑があった。
花畑、麦畑、田んぼ・・・そして電車。
この辺は田園風景が広がる静かな場所。
そこを都会っ子の電車が駆け抜ける。
都会と田舎のギャップもまたおもしろし。

20140503-071aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/03(火) 20:00:48|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕陽の下を





光線がかなり暗くなり、日が落ちんとする頃。
順光側から場所を移動して逆光側へ。
太陽を入れるアングルで狙ってみた。
田んぼには赤く太陽が水鏡となっていいアクセントになった。
もっと太陽が沈んだカットを狙ってみたが、雲に隠れてしまった。
その為、太陽カットはこれが唯一の撮影であった。

20140503-070aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/02(月) 21:52:21|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士のシルエット





冬場は空気が澄んでここから富士山を見ることが良くできる。
季節も進みなかなか富士山が見えるチャンスが少なくなってきた。
この日は強い風が吹いていた。その為夕方には富士山のシルエットがうっすらと見えた。
徐々に日が傾き、空がうす暗くなった頃幾分富士山の姿がはっきりしてきた。
夕日に輝く電車の車体と富士山。
この組み合わせは日の長い今の時期でないと撮れないアングルだ。

20140503-065aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/01(日) 20:00:52|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kashaneko252

Author:kashaneko252
只見線、非電化、SL好きのページです。
ついでにお酒、食べ歩き、温泉も同じく大好きです!鉄分以外は
http://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252/
で掲載中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する