奥会津へ来らんしゃい

奥会津を走る只見線をメインにローカルな鉄道風景をアップしていきます。 鉄関係旧書庫と地酒・温泉他諸々はhttp://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252 をご覧ください。

振り向いて再び





メインカットを撮った後、カメラアングルを変えて再び狙う。
僅かに雪の残った築堤で重連をアップ気味に撮った。
ここも色の無い情景なのでモノクロにした。
SLの黒と煙やドレンの白煙のコントラストが美しい。
力強く駆け抜ける重連。この魅力に多くの撮影者も魅せられたのだろうか。

20140503-625aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 20:00:11|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残雪の残る中を行く





返しの重連も撮影者が多い。
特に天矢場付近を中心としたポイントに大集結。今まで見たこと無い位の賑わいだった。
編成で撮ることを考えると撮影者が集結する中に入らないと難しい。
最初から編成入れること考えなかったので、人のいない場所へ。
ちょうど日陰には少ないながらも残雪があった。
この残雪をメインに入れてみた。
林をバックにして引き立った2台のSLが出す白煙、歯切れのいいドラフト音で坂を登って行った。

20140503-624aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/27(金) 20:00:00|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僚友顔を合わせて





重連で駆け抜けた機関車は、ここ茂木にて1台づつ火床整理と方向転換をする。
一足先に向きを変えたC11がまだ向きを変えていないC12と顔を合わせた。
僚友同士何を語らうのだろうか?
2台のくろがねの馬がほっと落ち着いた瞬間、こんな姿も魅力的だ。

20140503-623aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/26(木) 20:00:01|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑木林をバックに力走





重連運転はさすがに撮影者が多い。
八木岡の撮影地を脱出するのも結構タイムロスした。
それでも充分SLを先回りできる。
西田井辺りはかなりリスクあるので、先の方まで行って余裕時間を確保する戦術に。
途中の七井や多田羅はものすごい撮影者の集結ぶり。
最初からそこに行くつもりはないが、車で脇を通ると撮影者に驚かされた。
普段から撮り慣れたここ雑木林ポイント。
行って見たら車がぎっしり。こんなに撮影者が集まるのか…
何とか場所を確保して待ち構えた。
流し撮りにして躍動感を出してみた。
そして色も少ないのでモノクロにした。

20140503-622aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/25(水) 20:00:48|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2両の機関車が手を繋いで





回送で構えた八木岡で、重連の営業列車も狙う。
今までに見たこと無い位の撮影者が集結し、一度撮影地に入ったら抜け出すのも困難。
そんなことで、撮影地貼り付きに。
回送よりも雲が増えたが、これもアクセントとして絵に加える。
目印の大木をアクセントにして、2台の機関車が手を組んで快走して行った。

20140503-621aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/24(火) 20:00:44|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バック運転を狙う





SL重連運転の魅力は、運転中の姿もさることながら、回送列車も魅力的。
真岡の機関区から始発の下館まではSLプッシュプルで運転される。
進行方向は茂木側に向いた状態なので、回送列車はバック運転となる。
貴重なバック運転、その姿を八木岡で迎え撃つ。
やや雲が掛かったが、かえってフレアの少ないカットになったか。
遠くに筑波山を望みながら、軽やかに下館へ向かう。

20140503-620aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/23(月) 20:00:21|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

澄み切った晴れの朝





この日は金山の渓谷も朝からすっきりと晴れ渡る天気だった。
こんなにすっきりと晴れるのは奥会津では非常に珍しい。
冬場に限らず、一年中朝日と縁遠い町とも言えそうだ。
天気予報で晴れでも深い霧が包んでいたり、思う様な天気のチャンスは少ない。
背後の急峻な山に積もった雪の表情が印象的だった。
列車は小さいものの、風景に負けない存在感を持っていた。
また奥会津に行ったら、こんな天気に出合いたいものだ。

20140503-606aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/22(日) 20:00:04|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い出のポイント





ここもまた思い出に残っているポイント。
今は不通区間になった西谷集落から対岸を見下ろした場所。
第5橋梁を渡った列車が山裾を行く姿が望める場所であった。
雪が止んで穏やかな天気の中、滑る様に列車がやって来た。
音も雪に吸収されてまさに滑るが如く。
深い山の緑と雪の風景でも、只見線のカラーは比較的風景に溶け込まず、いい塩梅の存在感になる。
またこの場所で撮りたいものだ。

20140503-605aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/21(土) 20:00:06|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3橋梁を行く修学旅行色





只見雪まつり号の返しは第三橋梁へ。
この時期はこちら側の撮影ポイントに行く県道は通行止め。
車で行ける通行止めバリケード前からは、除雪がされていない道をカンジキ履いての雪中行脚。
普段の時期なら何てない道も、いざ歩くと結構大変だった。
撮影地に着くと静寂だけがあった。
只見川の様子も雪が被った木々もまた静かな感じ。
そんな中、一寸目立った存在のキハ58修学旅行色がアクセントになった。

20140503-604aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/20(金) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶景を行くキハ58





この年は前年と同じく秋田で使っていたリニューアルのキハ58だったが、カラーが塗り替わっていた。
往年の修学旅行用色に変わって、目立つ存在になっていた。
この時は磐越西線にD51が走った日だが、こちらを撮影する人も多かった。
絶景ポイントの第1橋梁を見下ろす鉄塔下ポイント。
道の駅から山に入る道は雪が踏み固められて、楽に行くことができた。
鉄塔下は鈴なりの撮影者。満員御礼となった。
天気にも恵まれて、まさに絶景列車の再現となった。

20140503-603aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/19(木) 20:00:54|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激しく雪の降る奥会津





奥会津は雪が多く積もる。その事は雪が激しく降ることとも言える。
現在運休中の会津川口~只見間もそんな区間だ。
会津川口から只見に向かうと、一駅ごとに雪が深くなる。まさにそんな感じ。
現在運転中の会津川口までの比ではない。
杉の木は黒く見え、他はすべてが白に覆われる。
クリスマスツリーの様な見事さはないが、木々に着雪した感じが味わい深い。
そんな中来たのは当時珍しかった片運転台のキハ48同士の編成。
今では小出口に残るだけとなり、会津で見ることはできなくなった。

20140503-602aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/18(水) 20:00:29|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

雪の激しく降った朝





只見線にラッセル機関車が走っていた数年前の情景。
この頃は普通になる前の只見線が全通していた頃のカット。
激しく雪の降る只見駅に、小出口の除雪をするDD15ラッセル機関車と会津若松行の列車。
未明にラッセル機関車が除雪した鉄路を辿り、小出からやって来た会津若松行列車。
この先もひたすら白銀の中を駆け抜けて行く。
会津若松への道はまだ長い。

20140503-601aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/17(火) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終列車





昼間は荒れた雪が強く降る天気であったが、日没後には穏やかになった。
雪が止んで凛とした空気感。寒さを強く感じる。
そんな中、小出に向かう最終列車が発車待ちをしていた。
カラカラとエンジンのアイドリング音が辺りに響く。
それ以外の音は無く、ただそれだけしかなった。
静まり切った駅の雰囲気が静寂感を掻き立てる。

20140503-600aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/16(月) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の少ない雪まつり号





この年は只見雪まつり号として、遠く秋田の快速よねしろ用のリニューアルキハ58で運転された。
色は違えど、キハ58が只見線を走るのが楽しみであった。
この年は非常に雪が少ない年。
柳津周辺は地面が見える所も多かった。
例年なら雪ですっぽり埋まる田んぼも、水がたまっている始末だった。
季節外れで水鏡を狙うことができた。
単に撮っても味気なかったので、やないづの観光案内看板を添えてみた。
赤べこがいいアクセントになった感じだった。
この時は行先方向幕が何故か陸中花輪行きだったは、可笑しかった。

20140503-596aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/15(日) 20:00:58|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会津宮下の街並みを背にして





冬に走った只見線SLは普段の季節とは違った運転形態だった。
只見駅のターンテーブルが雪で使えないので、行きだけSL牽引だった。
若松寄りにはDE10が付けられ、行きは後ろからSLをアシストし、帰りは先頭で牽引して行った。
その為、SL撮影者からは帰りの列車は不人気だった。
しかしながら、SLも単にDE10に引っ張られた訳ではなかった。
逆にDE10を後ろからアシストすべく、力走していたのだ。
そんな姿をメインに狙った。
雪景色となり、屋根が真っ白になった会津宮下の集落を背にしてSLが白煙をたなびかせる。
この時聴いたC11の汽笛はなんだか寂しげだった。

20140503-595aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/14(土) 20:00:00|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の只見線の厳しさ





只見線SL運行が始まって、10数年。その中立った1シーズンだけ、厳冬の運転があった。
さすがは奥会津、磐越西線とは比較にならない雪の量。
天気も荒れることが多く、折角撮影地に立っても線路が見得ない程の視界にもなった。
この時もそんな大荒れな天気。
雪がしんしんと降り続き、視界は非常に厳しい状況。
当初は御神楽館から夏井川の鉄橋を狙うアングルに構えたが、ここですら鉄橋が見えなくなる始末。
止む無く別の場所に移動し接近戦で。
普段ならカメラ構えること無かった小さな鉄橋だが、木に付いた雪がいい感じだった。
SLが来るまで寒さに震えつつ待機していた。
やって来たSLは雪と戦いながら、力強く駆け抜けて行った。

20140503-594aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/13(金) 20:00:15|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更科に向かう煙





この山の中腹からは東長原辺りから、D51力走の姿を追うことができた。
見えたり隠れたりをしながら、ここ更科信号所手前の辺りまでが、撮影チャンス。
この先は山に隠れて見えなくなるので、ラストチャンス。
煙の勢いはこの辺りが盛大に見えた。
傾きかけた夕日がスポットライトでD51を照らす。
風もなく穏やかな天気だったので、D51の煙はきれいに残った。
再びこんな撮影をしたい。また冬の磐越西線でD51の汽笛を聴きたい。

20140503-592aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/12(木) 20:00:05|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観音様をバックに行く





D51が足元を通過して、遠ざかって行くアングルをカメラ振って狙う。
会津慈母大観音がアクセントになるカットだった。
巨大な観音様、そして会津平の光景が見渡せるカットになった。
会津平にはくねくねと曲がりながらD51が走った足跡が。
力走の後の残り煙が漂っていた。
D51は煙を力強く出しながら、サミットに向かって更なる力走を見せた。

20140503-591aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/11(水) 20:00:06|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪原に影を映して





冬の磐越西線D51運行、特に魅力的だったのは夕方の雪原を走る姿。
郡山始発の往復運用だった時は、磐梯町周辺の雪原を走る姿が特に気に入っていた。
そんな姿を捉えたく、雪の山に入った。
麓に車を置いて、雪に埋もれそうになりながらカンジキ登攀。
すっかり体が温まり、汗が滲む様な感じになって撮影ポイントへ。
列車を待つ間に徐々に体が冷えて、寒さを感じる状況だった。
遠く会津若松を発車する汽笛を聴き、くねくねと羊腸の線路をD51は煙を出して向かって来た。
一番近い所に来た瞬間がシャッターチャンス。
逆光で手前に汽車の影を映して来た瞬間、美しい姿に感動させられた。


20140503-590aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/10(火) 20:00:00|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猪苗代湖をバックに





10年程前までは冬の恒例行事で、磐越西線にD51が運転されていた。
雪景色のD51を撮影できる貴重な機会であり、人気も高かった。
2006年の後、2008年に運転、それが最期になってしまった。
再び雪原の会津を駆けるD51を再び見たいものだ。
この時は猪苗代湖を望む山に向かって、眼下にD51が行く姿を狙った。
比較的天気も穏やかで、猪苗代湖の対岸の山々もしっかり見えた。
ここも今はどうなっただろうか。木々が伸びてしまったかな?

20140503-593aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/09(月) 20:00:00|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏ミカンのある光景





川越線の205系を狙ったが、想定外の結果に気落ちした。
さて、帰ろうか…と思っていた時、振り向いたらこの夏ミカンが。
アングルを考えて列車を待つ。
結果は青空が映えた中、夏ミカンが良く目立った。
今度は205系で撮ってみたいな。

20140503-585aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/08(日) 20:00:48|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅間の山を遠望する





自宅付近からも高台ならば、遠方の山々を見ることができる。
日光連山や上州三山、そして浅間山。
そんな山々もいざ自宅近くの川越線で撮ろうとすると、なかなか場所が無い。
建物が少ない場所はこの辺りぐらいであろう。
周りを見渡したら、浅間山の秀麗な姿が見えた。
この日富士山は雲に隠れたが、北関東方面は快晴だった。
小さいながらも川越線と浅間山。
なかなかいい雰囲気だった。

20140503-586aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/07(土) 20:00:16|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日没間際の残照





山に夕日が沈む直前に下りの気動車がやって来た。
日没前に列車が来ると読んでこの場所に。
計算道理撮れるかハラハラしながら列車を待った。
遠方の踏切が早くから鳴っていたが、なかなか列車が来ない。
太陽が沈まないか気ばかりが焦る状況。『早く列車よ来い!』
まさに祈るが如くの心境だった。

20140503-582aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/06(金) 20:00:33|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮影地復活





ここ、丹荘近くのポイントは以前から知られた田園風景の場所だったが、近年土砂採掘の関係か田んぼがなくなっていた。
すっかり撮影に不向きだったこの場所、久しぶりに行ったら田んぼが元に戻されて整地されていた。
その為か、田んぼに水が入って春の田んぼの様相に。
代掻きもされていたので水鏡が見えていた。
季節外れの水鏡を見つつ、夕方の一枚を撮った。
これからは再びここでの撮影機会が戻るであろう。

20140503-583aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/05(木) 20:00:06|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輝きの一瞬を狙う





キハ110の正面がギラリと輝くカットを撮るべくこの地へ。
角度的には正面がギラリと来るのは予想できたが、ピンポイント。
なかなか難しい条件だったので、ここは連写で光るポイントを探った。
そうしたら、撮ったカットの一枚が決まった。
正面窓がギラっと輝いた瞬間。
ディーゼルサウンドを軽やかに駆け抜けて行った。

20140503-584aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/04(水) 20:00:49|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわてて撮った一枚。





花水坂付近で飯坂温泉に向かった電車を撮影。
電車はすぐに折り返していくので時間が殆ど無い。
ロケハンしていたら、踏切が鳴った。もう電車がやって来る。
細かくアングルを選択する時間もない。
雪だるま作る親子の所に寄りたかったが、そんな時間すらなかった。
何か中途半端な撮り方だが、まぁしょうがないか・・・
向かい風が強烈で雪も吹き込む厳しい条件の中、一応は撮りましたで終わってしまった。

20140503-581aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/03(火) 20:00:34|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冷たい吹きおろしに耐えて





一昨日をもって、写好景嶺の福島片岡鶴太郎芸術庭園での写真展示が終了しました。
撤収の為に久しぶりに訪れた福島。
吾妻の山方面から吹き降ろす強烈な風と雪。
電車を待つ間に寒さで凍えたのだった。
たった15分くらいだっただろうか。その時間も長く感じられた。
いい電はこの程度の天気は影響ない。
トコトコと電車が鉄橋を渡る。

20140503-580aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/02(月) 20:00:33|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山を見て川越へ・・・





初日は空気が澄んでいたが、富士山方面の掛かった雲が影響して富士山の姿は拝めず。
翌日の再チャレンジとなった。
そして朝、富士山の姿が見ることできた。
但し空気が澱んだ感じですっきりとは見えなかったが・・・
露出をコントロールし、極力アンダー目にすることで富士山をはっきりさせた。
結果はこの通り。ちょっと抜けが悪いが、かろうじて富士山の姿を捉えることができた。
次回運転あったら、もっとすっきりとした天気でくっきりとした富士山を撮りたい。

20140503-577aaa.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/01(日) 20:00:58|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kashaneko252

Author:kashaneko252
只見線、非電化、SL好きのページです。
ついでにお酒、食べ歩き、温泉も同じく大好きです!鉄分以外は
http://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252/
で掲載中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する