FC2ブログ

奥会津へ来らんしゃい

奥会津を走る只見線をメインにローカルな鉄道風景をアップしていきます。 鉄関係旧書庫と地酒・温泉他諸々はhttp://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252 をご覧ください。

144M青空を行く





この列車番号144M電車は珍しい運用となっている。
列車番号4524Mとして7000系2両で10時32分に松山を出発、長躯で高松までのんびりと走破する。
4000台の列車番号はワンマン運転。そうなると2両編成でも後部1両は締め切り扱いになっている。
乗客が多い時は1両詰込みでサービス的にはあまりいいとは言えない。
正午過ぎに4524Mは伊予西条に到着。ここで30分の小休止。
その間に前に7200系2両を併結、ここからは列車番号を144Mに変更して高松を目指す。
ここからは車掌常務で4両すべての車両に乗車できる。
昼下がりの4両編成は常にガラガラ。ダイヤ改正で編成短縮あってもおかしくないだろう。
貴重な7000系と7200系の併結シーンを新居浜で狙ってみた。

20180420-413.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/31(木) 20:00:49|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3071レまもなく新居浜





予讃線の新居浜まで来る貨物はこの3071レと折り返しの3070レが撮影可能な明るい時間帯に走る列車。
日が長い時期であればもう一本撮影可能になるが、この時期は上記の1往復だけ。
機関車はEF210一般型の運用であまり変化はない。
多少の変化と言えば、運用変更で入る岡山所属のEF210初期型位か。
この日もパンタグラフの違う初期型がやって来た。
国領川を渡れば新居浜駅執着もまもなく。列車は減速しながら鉄橋を渡って来た。

20180420-412.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/30(水) 20:00:46|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四国の背中を背にして





続いてやって来た8000系の特急は引いたアングルで、石鎚山と他の山々を入れ込んでみた。
線路際の枯れススキが茂る編成撮影には向かないロケーション。
四国の沿線は除草が追い付いていないのか、こんな感じの場所が多い。
引いて撮ってみたが、それでもススキの海を掻き分けるが如くの光景となった。
ここまで引くと、石鎚山の荒々しさも若干薄れた感じか。

20180420-411.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/29(火) 20:00:15|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石鎚withいしづち





近くにありながらなかなか姿を現すことのない石鎚山。
空気がなかなかすっきりと抜けない瀬戸内では、ハードルの高い山。
この日は意外と空気が澄んで久しぶりに石鎚山を望むことができた。
光線的には決して良くない条件ではあるが、特急いしづちとのコラボをしてみた。
線路際は枯れススキがうっそうと。なかなか難しい。

20180420-410.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/28(月) 20:00:50|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パレオEXP遠望





玉淀峡の穏やかな荒川の姿を望む高台に。
ここからパレオEXPを狙ってみた。冬場の暖かい日差しに覆われて苦痛は無かった。
山の吹き曝しは風が冷たいことが多いが、この時は穏やかで、寧ろ日差しの暖かさが印象的だった。
そんな中やって来たパレオEXPは白煙を上げてやって来た。
もうちょっと白煙たっぷりだったらいい雰囲気だったのに…と思いながら、やって来た姿をファインダーで追い続けた。

20180420-406.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/27(日) 20:00:06|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陣見山より遠望して





八高線をここ陣見山から俯瞰するのは決して一般的じゃない。ある意味無茶な選択かと。
線路からは約7㎞離れた遠望、真冬でもヘイズの影響が結構出る。
ヘイズをクリアできれば、絶景かな。
先日の八高線DD51訓練列車もここから撮ったら良かったな。撮影者誰もいないし。
昔に比べてここの伐採地も荒れ始めて、いずれは自然に帰って撮影不能になるかな?

20180420-405.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/26(土) 20:00:55|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海沿いを行くロクヨン





信越本線の海沿いを行く鯨波周辺、この区間は貨物列車と言ったらEF81の天下であった。
そんな中でも数少ないがEF64が走るシーンも見ることができた。
当時は信越本線の二本木まで貨物列車があり、EF64が活躍していた。
鉛色の空に雪景色。そして荒れる日本海。
演歌調の日本海の光景。海から吹き付けた風が寒かったのを思い出す。

20180420-404.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/25(金) 20:00:43|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新特急谷川と谷川岳





新特急谷川は、上越新幹線開業後の在来線に設定された特急電車。
新幹線リレー号として誕生した185系200番台の、新幹線上野開業後の転用先だった。
スキーシーズンは越後湯沢延長もあるなど、上越線のスター的存在だったが近年は廃止されてしまった。
そんな新特急谷川を谷川岳バックで。
そろそろ引退が近い185系、このカラーもリバイバルで出してもらえないだろうか?

20180420-403.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/24(木) 20:00:47|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の重連貨物列車





今でこそ、名古屋地区で残り僅かな車両が最後の活躍をするDD51。
当時は八高線でも身近に見ることできる存在だった。
今なら撮影者がどっと押し寄せるレアなイベントになるが、当時は撮影者も少なかった。
珍しい雪景色の八高線を行く重連貨物も、この時は撮影者他に居たかな?
静かな山にDD51のDML61エンジン4基のエグゾーストが響き渡った。

20180420-402.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/23(水) 20:00:27|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪原となった茶畑を行く





先日も八高線でDD51+12系の乗務員訓練列車が走った。沿線には多くの撮影者が集まったそうだ。
この時期のDD51と言うと、やはり高尾臨が思い出される。
高尾臨末期は大勢の撮影者が集まって、今回の乗務員訓練みたいな賑やかさだった。
この日は折しも結構な積雪。八高線の雪景色は珍しいだけに貴重なカットとなった。
茶畑はすっかり雪に覆われて、さながら雪原を行く様な光景だった。

20180420-401.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/22(火) 20:00:48|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪原を行くチビロク





お座敷列車浪漫が健在だった頃は、チビロクことDD16も飯山線に良くやって来た。
小さな体で長編成の浪漫を牽引する姿はかっこ良かった。
一面の雪景色を颯爽と走る姿、そんな光景を求めて飯山線の走行を楽しんだのが懐かしい。
今残っている12系客車でもいいから再びチビロク牽引で飯山線行く姿を見たいものだ。

20180420-400.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/21(月) 20:00:18|
  2. DMLの響き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青空のF急行





東武東上線から東京メトロ副都心線を急行で、渋谷から東急東横線を特急で結ぶF急行。
森林公園から都心を超えて横浜へ。やって来る電車も東武・東京メトロ・東急と色々と。
東京メトロ編成のF急行は青空の下、秩父連山を眺めつつ駆け抜ける。
因みに今回初めてF急行にも乗ることができた。東武東上線沿線から渋谷や横浜が便利になったな。

20180420-396.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/20(日) 20:00:56|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秩父の山を背に





浅間山の後は秩父の山々の一つを狙ってアングルを変えてみた。
撮影地移動して鉄橋の方へ。ここからは人工的建物が無いので好都合。
地味な感じであるが自然の中を行く雰囲気にできたかな?
今度は10030系の東上線急行。日光線とは違った味わいで、こちらも魅力ある路線だな。

20180420-395.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/19(土) 20:00:16|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅間山を望むメトロ車両





東武東上線で広々した光景が広がるのが高坂~東松山の区間。今回はここに行ってみた。
本来は富士山を狙いたいと思っていたが、生憎富士山は雲の中。そのため趣向を変えてみた。
秩父連山も良く見えるが、今回は雪山の浅間山をメインにした。
やって来たのは東京メトロの車両。遥々横浜の方から直通でやって来る。
もっと引き付けて浅間山を大きくしたかったが、なかなか難しいので、この位になってしまった。

20180420-394.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/18(金) 20:00:38|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石鎚山駅で交換する特急





再び石鎚山駅をターゲットにしたアングルで狙ってみた。
超望遠を使うことでかなり列車を引き付けることができた。
今度の石鎚山駅での交換はノーマルの8000系同士だった。
今度は下り電車が運転停車。上りが駅通過で駆け抜けるパターン。
このアングルで今度は交換までの流れを一通り撮るのも面白そう。
今回は下見感覚なので、また条件のいい時に再訪したい。

20180420-393.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/17(木) 20:00:48|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工業都市を後にして





場所を変えて再び高台へ。別のアングルから俯瞰を継続する。
加茂川の橋梁に差し掛かる特急列車を狙ってのカット。
新居浜同様に西条も工業が盛んな地域。
建て込んだ家々と奥の臨海工業地帯。背後に山、そして海がある。
車窓からでは味わえないこんな風景も悪くは無いな。

20180420-392.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/16(水) 20:00:48|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霞む島々を望んで





石鎚山駅で上り特急と交換したアンパンマン特急、高速のまま駆け抜ける。
カメラを振ってその姿を追い求めた。
アングル変えると、瀬戸内の海そして島々を霞みながらも望むことができた。
車窓からは海を見ることできないが、高台からは海と列車のシーンを収められた。
まばらであるが手前のみかん畑もアクセントにして。

20180420-391.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/15(火) 20:00:27|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石鎚神社俯瞰





初詣ついでのちょっと撮影。
小高い所にある神社の駐車場からは予讃線が望める。ちょうど石鎚山駅。
建物が多くすっきりとは抜けないが、列車の姿は確かに確認できる。
石鎚山駅は特急同士の交換が結構多い。その瞬間を狙ってみた。
先に8200系の上り特急が駅で運転停車。やがて下りのアンパンマン特急が駅に差し掛かる。
そして高速のまま駅を通過して行った。
残り柿と石鎚神社の鳥居をアクセントにしたワンカット。

20180420-390.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/14(月) 20:00:12|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕陽に車体を輝かせ





バックの富士山は左側の方に若干雲が纏わり付いていたが、その姿は比較的明瞭。
そんな富士山を背に購買を駆け上がる電車を狙ってみた。
沈む間際の夕陽が電車の車体を輝かせる。
特にステンレスの電車は輝きが美しい。
こんなタイミングもほんのちょっと。次の電車通過時は日が沈んでこんな感じにはならないのだった。

20180420-386.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/13(日) 20:00:36|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕焼け空を駆け抜けて





夕方になり、ふたたび川越線の荒川土手へと足を向けた。
富士山は左側に少々雲があるが、全容を美しく見せてくれた。
日が沈む直前の見事な色合いの中、電車がやって来た。
何度も撮り尽している場所だが、富士山の美しさに思わず通ってしまう。
いつまでも夕焼け空にシルエットになった山々の姿が脳裏に浮かぶ・・・

20180420-385.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/12(土) 20:00:27|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残り柿と普通電車





沿線をロケハンしたら、かなり干からび気味ながらも多くの実を付けた柿の木があった。
そんな柿の木と普通電車。普段着の光景と言った感じ。
普段は特急電車以外は1~2両の電車ばかりの所に居る為、長編成の電車には圧倒される。
次から次へと15両の普通電車が駆け抜けて行った。

20180420-384.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/11(金) 20:00:57|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山茶花の花と共に





すでに撮り尽された感じのある東大宮~蓮田の撮影地。
ちょっと場所を変えたら色々なアングルがある。
列車は小さいが、咲き乱れる山茶花と絡めてみた。
やって来たのはおなじみの桃太郎ことEF210機関車。
四国で見る姿とはかなり違う様に感じられた。

20180420-383.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/10(木) 20:00:27|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男体山の雄姿を背に





浅間山の次は男体山を狙ってみた。
これまた電線が煩いが、超望遠で男体山の雄姿を引き付けてみた。
肉眼では小さい男体山もここまで引き付ければ存在感もたっぷり。
川越線からの男体山も珍しいアングルだろう。
関東の元旦は非常に天気が良く、他の山々も多く望むことができた。

20180420-382.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/09(水) 20:00:10|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅間山を背にして





川越線の南古谷周辺は広い田んぼが広がり、山々のパノラマが楽しめる。
富士山に始まり、丹沢から秩父の山々。そして上州や日光の山まで。
その中で雪を被った浅間山が印象的だった。
富士山初日の出に続いて浅間山を。
超望遠で山を引き付けて狙ってみた。
山は美しいが、電化区間なるが故か、電線が煩かった。
非電化ならもっとすっきりと撮れただろうか。

20180420-381.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/08(火) 20:00:07|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初日の出を浴びて





新年初撮りは近所の川越線へ。
荒川の土手から初日の出を拝むと共に富士山を背に走る姿を狙ってみた。
初日の出が辺りを明るく照らすタイミング、富士山は赤く色づいて素晴らしい光景に。
そんな中を上り電車が軽快に荒川橋梁に向かってやって来た。
凛とした空気感が心地いい新年の朝だった。

20180420-380.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/07(月) 20:00:49|
  2. 電化区間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の残り黄葉を目指して





冬に入ったこの時期でも暖かな四国では名残りの黄葉が残っていた。
年末の押し迫った時期、貨物列車はコンテナ満載で新居浜を出発した。
水量少ない国領川が水鏡となって機関車を映す。
対岸の山に向かうが如く貨物列車は加速して新居浜を後にしていった。

20180420-370.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/06(日) 20:00:19|
  2. 四国の鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠く両神山を望んで





秩父鉄道沿線から望む山は武甲山が有名だ。
一方で両神山は意外と列車と絡めるのが難しい山。
荒々しい山容を高台からの俯瞰で絡めてみた。
客車の位置に高圧鉄塔があるのが玉に瑕ではあるが、C58363の煙がアクセントに。
冬の秩父路らしい光景になった。

20180420-372.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/05(土) 20:00:02|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国旗と白煙の競演





すっきりと抜けた青空、新春を祝うかの様な快晴。
背後の山の木々は葉を落としてすっかり冬模様。
そんな中をC58363が駆け抜ける。
日章旗と白煙が印象的に見え、風景に映えていた。
蒸気機関車ってかっこいいなぁ・・・素直に実感したのだった。

20180420-376.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/04(金) 20:00:22|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国旗をアクセントにして





逆光太陽入りの蒸気機関車、こんなアングルは真岡鉄道なら良く撮るが、秩父では珍しい。
意外と逆光側で機関車がすっきり抜けて、太陽と絡められる。そんなポイントは少ない。
真岡は小型のタンク機関車だが、C58で狙うと印象が違う。
シルエットの蒸気機関車に先頭の国旗がアクセントとなった。

20180420-375.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/03(木) 20:00:35|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新春の秩父路を駆けて





冬のキリリと冷えた寒い気温は蒸気機関車撮影にとって好条件。
暖かいとそのまま湯気となって消えてしまう煙が、寒い気温で白煙となる。
そんな白煙が迫力一杯に見えるのがこの季節。
国旗を掲げた新春運行の蒸気機関車、素晴らしいものです。

20180420-374.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/02(水) 20:00:42|
  2. SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kashaneko252

Author:kashaneko252
只見線、非電化、SL好きのページです。
ついでにお酒、食べ歩き、温泉も同じく大好きです!鉄分以外は
http://blogs.yahoo.co.jp/kashaneko252/
で掲載中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する